ツイッターより(2020年5月15日~16日)

ツイッター

ホルンのミニチュアを入手したのでこれを使って何か撮れないか、と考えて作りました。
ただ吹かせるだけでも面白くないので動物が集まってくる、という感じにしました。
 ガンダムさんの左側にいるライオンはスマホ構えておりまして、ガチャガチャにて入手したものです。
 次に出てくるギャンブルロボを操縦させるのにも使ってます。

ギャンブルロボ出動!!

あっ

ギャンブルしろ~!!

逃げられた

おっ

ギャンブル…

ギャンブルしろおおお!!

ぐえっ

う~ん…ギャンブルしてくれないなあ…


 ギャンブルロボでした。
 一枚目でライオンがスマホを持っていますがアレでロボを操っている設定なのですがわかりづらいですかね…。
 『人々をギャンブルに夢中にさせて堕落させ、世界が弱体化したところで世界征服する』という感じで考えていたのですが見る側からすると情報が余りにも足らず、イマイチわけの分からないものに見えたようです。
 ツイッターに上げた際もフォロワーの方から「いつもと違う感じの作品」との評をいただきました。
 反応が今一つだったのでいずれ違う形でブログで綴るストーリーに活かそうと考えてます。

 ゴロゴロしているガンダムさん。
 この肘ついて横になるポーズをとる事ができる可動域に本当に感謝しております。
 最近流行っている旧キットだと恐らく無理ですよね?
 これより更に可動域の上がったキットも出てきているのでそちらに買い替えようか考えているのですが
 周りのキャストとポーズのリアルさに差がついてしまうとそれはそれで違和感が出てくるように思うのでどうしようかなあと思ってます。
 買うは買うでしょうね。いずれ。
 このファーストガンダム…RX-78ですか。ドンドン新しいキットが出てきますね。

 ペンタブって言うんですか?でお絵描きしているガンダムさん。
 このデスクトップパソコンやペンタブのミニチュアはガチャガチャで入手したんですが
いいですね。
 この時はまだキーボードが入手できていなかったので仕方なくペンタブにしました。

 中国の宮仕えをしているような女性のフィギュア。
 中華料理のミニチュアが中古で売っていたものに一緒に入っていたものです。
 サイズ的にもガンダムさんと合わないのでどう使おうか、と。
 そうだ。この前に撮ったペンタブで仕事するガンダムさんが残業で疲れ果てた末に見た幻という事で使おうという発想に至りました。
 仕事しているハズの画面も疲れ果てているせいかワケの分からないものにしておきました。

 宮仕え中国女性をせっかくなのでもう一度ぐらい使ってみようと。
 「まだ疲れが残っているのかな…」となるガンダムさんです。
 中国女性のフィギュアが出てくる時だけちょっと照明が変わって雰囲気が変わるというのは昔の心霊的な番組やホラーな演出でよく見た気がしますが最近でもあるんでしょうか?
 この黄色い画面の雰囲気にする為の照明はミニチュアのライトで買ったものです。
 掃除用具入れの中には火消しが使う纏と桶。
 こういうちょっとしたお遊び的なアイテムの配置は大好きなんですけども。
 あまりそういった所の指摘はしてもらえないのですがご覧になった方は気づいているのでしょうか?気づいていないのでしょうか?
 はたまた気づいているけどどう解釈したらいいのか分からないのでスルーしているのでしょうか?
 

石澤ぐりをグリグリフォローする

コメントはこちらから

1つ星 (1 投票, 平均: 1.00 / 1)
タイトルとURLをコピーしました